ベース車両

改造車のベース車両は、言ってしまえば「今まで発売されたクルマすべて」がベース車両に出来ます。それほどまでに改造車の範囲は幅広いものとなっているので、一概にこのクルマが改造車である、改造車では無い、と決め付けることは出来ません。

純正パーツのみで走っているのであればそれは改造車ではありませんが、今の時代であればカーナビをメーカー純正のものから社外品で自分で交換したものにすれば、それはカーナビに関しての「改造車」になります。純正でHIDやLEDでは無いランプやライトをそうしたパーツに取り替えても同じく改造車になりますし、メーカーオプションでエアロパーツやアルミホイールを取り付けたりしたときには微妙な判断になることもあります。それを改造車だと言う人もいますし、メーカー純正のノーマルのクルマという人もいます。

このように改造車の範囲はとても広いものであり、軽自動車やコンパクトカー、ミニバン、セダン、ワゴン、ワンボックス、クーペ、ハッチバック、トラックなど、全てのクルマが改造できるようになっているので、改造車のベース車両が今まで発売したクルマすべてである、と言うのはこのあたりの事情があると言うことになるからです。