コンパクトカー

日本の今のクルマ業界をささえているいちばんの売れ筋をしめしているクルマのジャンルはやはりこのコンパクトカーのクラスになるでしょう。もちろんその下に位置している軽自動車も同じように今の日本では保有台数が多くなっているのが特徴ですが、軽自動車だとパワーが足りない、室内がせまいなどと言った理由でコンパクトカーをえらぶ人が居るのです。

そしてそのコンパクトカーが発展してブームになってくると、コンパクトカーに対してのアフターパーツをアフターパーツメーカーが開発するようになるのは当然のことであると言えますし、実際にコンパクトカーのチューニングやドレスアップがここ数年で急激に進化してきました。と言っても内容自体はそこまで変わったものでは無く、エアロパーツの開発、ドレスアップカーの制作、チューニングパーツの販売と言ったものに力をそそぐところはミニバンやセダンなどと変わりがありません。

時代がコンパクトカーに移り変わってきて若者のクルマ離れ、などと叫ばれる中、アフターパーツメーカーやクルマのメーカーは少しでも興味を持ってもらおうと純正でエアロパーツや特別モデルをコンパクトカー向けに設定するようになって来た背景があります。