ミドルクラス

一般的な大衆車として認識されているのがこのミドルクラスのクルマになるでしょう。セダンから始まって、ステーションワゴン、スポーツタイプのクーペ、クロカンよりひとまわり小さいSUVなどがミドルクラスのクルマとして認識されていますが、このクラスにおいてはチューニング志向からドレスアップ志向までさまざまです。

ミドルクラスのクルマは基本的にチューニング、それからドレスアップのベース車両としてふさわしいクルマが多いために、たとえば日産のシルビアやホンダのインテグラ、スバルのレガシィ、三菱のランサーなどいろいろなものがありますが、スポーツ系のクルマはやはり走り志向の改造車が多いですし、セダンやステーションワゴンは落ち着いた雰囲気のドレスアップ志向に改造されていることが多く、乗っているクルマの車種によってその改造車としての方向性に違いが見られることが多いのもこのクラスの特徴と言えるものになります。

またこのクラスのクルマはそうしたチューニングカーやドレスアップカーとしてだけでは無くタクシーやパトカーに採用されることもあり、日産のクルーやトヨタのクラウンなど、セダン系がそうした業務用車両に使われることがあります。