車庫証明を申請する条件

近々車を手に入れる予定という方は当然車を保管するスペースを用意してあると思いますが、もし仮に保管スペースが無い状態で車を購入した場合どのような事が起こるのでしょうか。

車を所有している方は必ずいくつかの手続きをしなければならないのですが、その中には車の保管スペースを所有していることを証明するための手続きがあります。それが通称車庫証明と呼ばれている手続きで、この車庫証明は「自動車の保管場所の確保等に関する法律」によって定められている立派な法律です。そのため車庫証明の手続きを行っていない場合は虚偽の申請をした場合は法律違反になり罰金刑が科せられます。

さらに車庫証明を申請する場合は前提条件が課せられており、これを満たす事が出来ない場合も車庫証明を申請する事が出来なくなります。

車庫証明取得の条件は
「自宅から保管場所までの距離が直線2キロメートルを超えない範囲であること」
「道路から支障なく出入りができること」
「自動車の全体を収容できること」
「自動車の保有者が自動車の保管場所として使用する権限を持っていること」
の以上4つが車庫証明を申請できる条件となっており、車庫証明取得後に職員が確認に来ることもあるのでこれらの条件を全て満たしている保管場所を必ず用意しましょう。