車庫証明の書類の書き方

車を手に入れた際必ず行わなければならない手続きの一つに車庫証明があります。初めて車を手に入れた方には聞きなれない言葉かもしれませんが、車を所有する人は駐車スペースも確保しなければならないのでそうしたスペースを所有しているかどうかを証明するための手続きとして車庫証明の申請を行わなければなりません。

多くの方が車のディーラーなどが紹介する代行業者や行政書士に依頼する事が多いのですが、代行手数料が掛かるので少々大変ではありますが手数料の節約のために自分で手続きをするという方も中にはいらっしゃいます。もし自分で手続きをしようと考えている方はその方法について学んでおきましょう。

車庫証明の書類は全部で4種類あり、自分の土地を所有している場合は申請書、配置図、自認書の3枚に記入します。地域によって違いはありますが、申請書には車名、型式、車体番号、自動車の大きさ、配置図には車の保管スペース周辺の簡単な地図、車庫の大きさや道路の幅などを記入して3枚共通で申請者の氏名、住所、電話番号を記入します。他人の土地を利用している場合は土地の管理人に承諾書への記入を依頼しましょう。自分で全て手続きをするのは少々大変かもしれませんがぜひチャレンジしてみてください。