軽自動車の車庫証明

車を所有する際に必ず行わなければ出来ない手続きの一つに車庫証明があります。車を保管する事が出来るスペースを所有しているという証明がなければ車を所有する事が出来ないので多くの方が車を購入する際に手続きの代行を依頼したり、自分で手続き申請を行っているのですが、軽自動車の場合は普通自動車を所有している場合とはまた違った形で手続きをする事があります。

軽自動車は一部地域ではそうした手続きをする必要が無く、手続きする必要がある地域でも行う場合は車庫証明の手続きではなく保管場所届出という手続きを行うことになります。保管場所届出の手続きは車庫証明と同じく警察署で書類を受け取って必要事項を記入し、他人の土地を借りている場合は土地の管理人に書類の記入を依頼してください。

必要事項に全て記入し職員に申請許可を得る事が出来れば申請から3〜4日ごろには申請が完了するので証明書を警察署に受け取りにいってください。軽自動車は所有権の登録制度が無いためよくこうした手続きをする必要は無いと誤解されがちで、申請を忘れる方が多いそうです。申請義務はもちろん法律で定められているので申請しないと最悪罰金刑にもなるので車を所有することになった時は必ず行うべき手続きについて調べておくようにしましょう。