車庫証明が出来ない時は

車を所有する時必ず行わなければいけない手続きの一つに車庫証明手続きがあります。車庫証明は正式名称を「自動車保管場所証明」といい、車を一般道などに置くことなく保管する事が出来るスペースを所有していることを証明するためのものとして必ず手続きをする必要があります。

この車庫証明の手続きは個人で行う場合車の保管場所がある地域の警察署にて手続きをする必要があるのですが、警察署の窓口は平日しか開いていない上車庫証明を取得するまでには何回か警察署に足を運ばなくてはならないため、時間の都合が取れないという方が大勢います。なのでそういった時間の都合が取れないという方は行政書士に手続きの代行を依頼する必要があります。

こうした手続きの代行依頼は車を購入する際販売店が都合をつけてくれるので特に迷う必要はありませんが知り合いの車を譲渡してもらった時などは自分で車庫証明手続きを代行してくれる行政書士事務所を探す必要があります。行政書士による車庫証明の代行手数料は事務所によってばらつきはありますが、大体は1万円から2万円の間で行われる事が多いようです。車を買った後でお財布の中身が寂しい時にはちょっと多めに感じる出費ですが手続きをしないで罰金刑になるよりはずっと安上がりなので必ず手続きを行ってもらいましょう。