ワンボックスカーの種類

「ワンボックスカー」とは造語であり、海外では通じない単語です。しかし、日本ではメジャーなクルマのジャンルとなっています。様々なメーカーが開発をし、多くが商業車として使われています。また、救急車や消防関係車両に改造されたりし、救命や災害のときに活躍しています。

こうした場面でも、積載量や使い勝手の良さで重宝されました。代表的なものとしては、まず世界的にも有名なトヨタのハイエースが挙げられます。これは盗難件数でもトップを走り続けています。そして、そのライバル的存在である日産のキャラバンは、他にもジャンボタクシーなどに使用されています。

また、RVやクロカンのクルマをつくり出すのが得意な三菱からは、ラリーにも参戦していたデリカが登場しています。軽自動車の部門においては「農道のポルシェ」とまで評価された、スバルのサンバーもワンボックスカーのカテゴリーに分けられます。