ワンボックスカーのデメリット

車内スペースが広い、まわりを見渡すことが容易であるといったポイントで、トップクラスの存在であるのがワンボックスカーです。

しかし、やはりデメリットもあるのです。例えば、視野が広くなるのは、座る位置を高く設定しているからですが、それには車高もセダンやバン、ワゴンより上げなければならないのです。そうすると、カーブを曲がるときに横揺れしやすくなりますし、ブレーキをかけたら今度は前のめりにがくんとなってしまいます。

また発進加速の時には、その重さ故に鈍くなってしまいます。このように、快適性に劣るのです。