オープンカー



みなさんは、オープンカーと聞くと一般的に屋根の開くクルマをイメージすることと思います。
一昔前まで夏にドライブに出かけると、日差しを受けながら走っているのをよく見かけたものです。しかし今ではコンパクトカーや軽自動車、それからミニバンと言ったジャンルが主流となり、目にする機会が少なくなりました。当然今でも売りに出されていますが、国産では中古がその大半を占めています。海外ブランドのメルセデスベンツやフェラーリ、フォルクスワーゲンやフィアットなどは新車も見受けられます。さて、このタイプのデメリットは、例えば風が強い時や雨の日には、開けっ放しのホロは閉めなければいけません。また、2人乗りが多いため実用性にかけるのです。

世界において高く評価されている日本車といえば、今ではハイブリッドカーやコンパクトカーです。日本でもこうした車が売れています。しかし、一昔前にはオープンカーがヒットしたこともありました。海外でも好調でしたし、耐久レースなどでも活躍していました。それから、軽自動車の中にも、このタイプが存在していたことが何度もありました。また、日産のフェアレディZやホンダのNSX、トヨタのMR2など、オープンモデルがあるものもあります。このように多く製造され、海外のメーカーを圧倒していた時期もあるのです。