マツダ ロードスター

マツダ自動車の開発した「ロードスター」は、世界中においてこれほどに大ヒットしたオープンカーはないと言われるほどの人気を誇っています。それは社名が、そのまま一つのジャンルとして確立されるくらいでした。他社のクルマの名前や、グレードの一部にも使われるぐらいの浸透ぶりを見せています。同社はこのおかげで、一躍この種類のトップクラスに躍り出ました。

低価格であることから身近なオープンカーとしても注目を浴び、一般のお客さんだけでは無く、社員の中でも予約が殺到したほどでありました。最初は1600ccのエンジンを搭載していましたが、マイナーチェンジで1800ccへと変わりました。それから2代目へと進化して、固定型のヘッドライトになり、3代目の現行モデルにおいては3ナンバー規格で、排気量も2000ccにアップしています。